Roses are red,
Violets are blue,
Sugar is sweet;
And so are you.
<< December 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
詩ちゃん通信

「いらっしゃいませー」の詩ちゃま。

「お客さま、おひとつ?おふたつ?」と聞く詩ちゃま。

「ええっ!?今なんて?」と聞き返す詩ちゃま。

とにかくKawaii詩ちゃま。

 

ありがとうございました〜★

 

 

ブラザー劇場

やだ、詩ちゃんかわゆーい。

横座りみたいなポーズはよくしてたんだけれど1週間ほど前から

ひとりでお座りが出来るようになりました!

あっ。ぶつかった。(時々後ろにまともに倒れて後頭部強打)

可愛いな〜ってパシャパシャしていると・・・。必ず割り込んでくる人。

がははははぁぁぁ。オレ様の写真も撮りやがれ!

さんかく〜。

まるさんかく〜(うしろ注目)

詩ちゃんが倒れてた。みんなで大笑い。面白いからほったらかしてたら

あーん。かーか、助けてください〜。

次に見たら、なんてかわゆいの!!!

ライオンしゃんを持ってにっこり天使のほほえみだったので

ベットの柵を下してもう1枚!

 

そしてこの後前に倒れておでこを打って泣きました。

(さすがにすぐに抱っこしたよ)

 

はげちょろびんだったけれど最近ちょっと髪の毛が伸びて

キューピー詩ちゃんです。

 

 

 

絵画のよう

わたしはプルーンが好き。

ななちゃんが買って来てくれた余市の庭田フルーツファームのプルーン(ベイラー)、

甘さと酸味のバランスがわたし好みでスペシャル美味しかった*

 

皮むいて食べるなんていう人たちには渡しませんよーだ。

 

 

白くま詩ちゃん

今日はとーっても寒かったのでゆきんこウェアでスーパーへ。

上の子は生まれた年は大きすぎ、翌年は歩いていて着れなかったもの。

お気に入りなので可愛く着てくれて嬉しい。白クマちゃん。

帰ってきたらすやすやちゃんでした。

 

また別の日。

陽だまりの中でうたうたうたちゃん。

すやすや、赤ちゃんが寝ているのってあったかくってシアワセだ。

サークルに入れられちゃったグリーンボーイ。

サークルを足で蹴って前に進みます・・・。

 

お弁当持ち散歩

カーテン開けたらまぶしい朝。今日は楽しみにしていたお弁当持ち散歩です。

ブログに上げるようなお弁当でないけれどメモのために。

 

玉ねぎ・人参・牛肉の甘辛炒め

チキンのオーロラソース焼き串

三色串(きゅうり・チーズ・ウインナー・ウズラの卵)

プチトマト

りんご

 

家族でお弁当を持って出かけたことはあるけれど息子ひとりで食べる

お弁当を持たせるのは初めて。

 

お弁当箱は自分で蓋の開け閉めが出来るもの、

おしぼりケースは開け閉めが難しいのでビニール袋に入れる、

お箸は禁止、スプーン・フォークもビニール袋に入れる、

ラッピングクロスは自分で開けられても仕舞えないので巾着にする。

 

園からのお便りを読んで「そっかー」と気づくことが多いです。

 

その他汁が出ない、ひとりで食べられる、こぼれない等、

園からの指示・息子のリクエスト・ストレスなく準備出来る範囲を

総動員したメニューを考えて、実際にひとりで食べられるかも確認して

本日を迎えました。(オオゲサだけどホントウ)

かわいい巾着はばぁばが縫ってくれました。

あとつまようじに貼る乗り物のシールもばぁばが買ってくれて

朝から息子がつまようじに貼りました。

リュックはわたしのお友達がお兄ちゃん記念に贈ってくれたもの。

お弁当を愛おしそうに眺め、

「全部たべてきまーす!」と言ってくれました。

いってらっしゃーい。

 

 

さて。

 

見送った後はサンデーベイクショップまでスコーンを買いに行こうと

決めていたのに昨日受けたインフルエンザの予防接種の痕が痛くて

バギー押すのがしんどいかな・・・とグータラすることに。

ベットから降ろすとわちゃわちゃににのおもちゃ置き場に直行する詩ちゃん。

呼ぶとずりずりこっちに来てくれます。

あー、天使の笑顔だ。かわゆいな。

もうそろそろハイハイしそうです。

 

 

★追記★

 

お弁当箱は空っぽで戻ってきました。ありがと。

お土産はダンゴムシがうようよ入ったビニール袋(汗)。

11時に目的地の公園についてダンゴムシを取って遊んで

お弁当を食べ終わったらお星さまのおせんべいを先生がくれた、んだそう。

もうすぐ冬が来るからね、とダンゴムシさんは我が家の花壇に戻してあげました。

「気持ちわるっ、やだ〜」って言って、って袋をわたしの顔の前に何度も突きだして

ニヤニヤしていました。男の子だな〜。